チョコレートの色々な歴史

チョコレートはエネルギーが高く、疲れている時などに口にすると疲れが回復する、カカオ豆を原料としたお菓子です。

語源はメキシコの人がこの豆をつぶしてドロドロにしたものを、チョコラトルつまり苦い水と呼んでいました。
メキシコの人はこの豆を神からの贈り物とも呼びます。

やがてこの豆をいってペーストにしたものに、砂糖や粉乳などを加えて練って作ったお菓子が誕生しました。

知って得する那須の山ぼうしのことならこちらのサイトが便利です。

水や牛乳で溶かして飲み物にしたものもあります。

昔は薬や貨幣でもありました。

あなたの知らない那須の山ぼうしの情報を得られます。

日本では18世紀末にオランダ人により、チョコレートが伝えられました。

現在、その生産量は20万を超えます。その輸入量も約2万トンです。

チョコレートの独特の苦味も愛されています。


そしてそのすべらかさやとろけ具合は、ココアバターの量や作るさいの粒度の調整によって変わってきます。

このバターは34度でとけ、これは丁度口の中でとける特質です。

ローヤルゼリーの効果情報を厳選して紹介しています。

チョコレートが表面に白い粉がふいたようになるのは、このバターがとけ出したからです。

これはブルームと言うもので、その味が損なわれます。

ブルームは砂糖がとけて、結晶化したものである場合もあります。


kyoto tea ceremonyに関する特集が満載です。

ヨーロッパで貴族の飲み物だった歴史が長いこともあり、今日でも高級なお菓子のイメージが強いです。綺麗な箱に入れて、クリスマスやパーティーなどのプレゼントにする習慣も残っています。

日本のバレンタインデーに女性から男性へ、チョコレートを贈る習慣もあります。

野菜パウダーの通販についての意見を伺いました。

http://gigazine.net/news/20130725-tabeawase/
https://www.facebook.com/nihonizakaya/info?tab=overview
http://www.yufuin-tsukahara.com/shop_eat/index.html